index-archive.php

「第6回うだつマルシェ


気付けばもう6回目となったマルシェ。2回目から参加して、
一回お休みしたけど、ほぼ毎回来ているこのマルシェ。

いつも新しい出会いがあって、会場のひとつ「スペースきせる」
も石畳の町並みも地元の人もスタッフも、そしてお客さんもぜんぶが
心地よいマルシェだと思うのです。












































今回も半田素麺の北室白扇さんがお隣。これも楽しみのひとつ。





















4種類産地ごとの珈琲豆を用意。










































地元のしそジュースとレモネード。しそはもっと飲んでほしかったなあ。
売り方がまずかった。反省。レモネードもちょっと苦かったかな。
レモンの熟度が足らなかったよう。これも反省。





















トークイベントの様子。あんまりしっかり聞けなかったけど
すごい濃い話だったと思う。






















毎回いろんな企画があって(自分は全然参加できてないけど、、)
どんどん出店するお店も増えていて、規模も大きくなってきてるけど、
でもゆる~い。そんなマルシェが毎回楽しみです。



Thu 6, Dec 2012
6th Udatsu marché
category: Shop

「まちなか」

本山の街の中、商店街をもっと歩いてもらおうと
企画されたイベントにて移動式石窯でピザ焼き体験。

ユニックで設置。こんなに大掛かりだと移動式とは呼べないけれど、
こういうことが出来ちゃうのが田舎のこの町のいいところでもある。

















今回の企画のメインは今では町唯一の旅館となった
高知屋旅館」を一般開放してガイドツアーを行うというもの。
商店街の中では数少ない見所のある建物のひとつ。






















ピザ体験の会場は旅館前の広場。





















晴天に恵まれていたのは最初だけ。



































説明を追加 旅館の土間では苔玉つくり体験も。













































なくなるものにはなくなる理由があって
必要なものには必要な理由がある。

昔からずっとあるものにはずっと存在
し続けるだけの理由があり価値がある。

消えゆくものの中にはその価値がないから
消えゆくのだと思っていた。

でもそこに守りたいという想いがうまれたとき、
それは守るべき価値があるものになるのかもしれない。

無理矢理ではなく、ごく自然に何かのきっかけで、
ほんの少しの小さな力でもそれが積み重なった時
そこには新しい理由が生まれるかもしれない。
存在する理由、必要とされる理由が。




Thu 13, Sep 2012
In the street
category: Shop

「一日だけのカフェ」

徳島県三好市池田の
スペースきせるに一日だけの出張カフェに。

風情ある町並み。





















スペースきせるの入り口。このたたずまいはやはりいい。
































































テーブルとイスがあるだけでお店になる。





















この混沌とした感じはなんかいい。




















今回用意したメニューは

オリジナルブレンドアイスコーヒー
オリジナルブレンドコーヒーゼリー
自家製レモンスカッシュ
新ショウガのジンジャーエール
常陸野ネストビール
 ・ホワイトエール
 ・ヴァイツェン
 ・ペールエール
 ・アンバーエール
シナモンロール
ミックスナッツのスコーン


界隈にある古民家を使ったまちかど資料館では
ことば創作家ひらかわひろこさんの「たわむれ言葉」展も。

ここも立派なたたずまい。





















古い家屋から放たれる空気感に背筋が伸びる。





















そして言葉の展示のことばがストンと入ってくる。






















そして、この日は池田の阿波踊り最終日。

初めて見る阿波踊り。





















踊る阿呆に見る阿呆。なるほど。




















この時なぜか旅をしたときに感じる高揚を覚えたのは、
歴史ある街並みと文化に触れたからなのだと知った。



Fri 17, Aug 2012
Only one day
category: Shop

「うだつマルシェ」

今週末の2012年2月25日(土)に開催される
うだつマルシェに出店します。
この日は毎年、三好市で開催される「四国酒まつり」もあり、
たくさんの人でにぎわうみたいです。楽しみです。

写真は前回の様子

趣のある古民家にて

























本山からはやまびこ窯とどぶろく、農産品も


















お隣はすぐに売り切れてしまった鹿肉コロッケ


















珈琲豆とスコーンとビスコッティ


















どぶろく「山の雫」


















熱気に包まれていました


















木の実を使ったワークショップ




















立派なうだつ

























さて今回はどんな出会いがあるでしょうか。




Tue 21, Feb 2012
Udatsu Marche Soon
category: Shop

「本物であること」
本物=リアル。人の目に見えるものは実在する。
ただ、目に見えないものも確かにそこにある。
それはただ見えないだけにすぎない。
今いる世界は紛れもなくリアルである。
だがすべてが本物ではない。

世の中には本物と偽物がある。
そしてどちらでもないものもあり、それらは大体において
どうでもいいものでもある。また偽物は必ずしも悪ではない。

ある物が本物か偽物どちらかだったとしても、それを見分ける眼、
理解する思考、感じ取る力が無ければ判別はできない。
それらは視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚の五感全てで
感じてきた経験と知識の積み重ねで得られるものである。

いつしか自分が本物であるかどうかを問うようになる。
今の自分は本物だろうか?自分の焼く珈琲豆は本物だろうか?
それは自分で分かっていることだ。
そして、ここにいる自分は虚構ではなく実像だ。リアルで実在している。

最初から本物であったものもあるし、本物になったものもある。
どちらにも言えるのは本物であり続ける努力、本物になるための努力を
怠ったものは本物たり得ないということだ。
そして、偽物は努力しても本物にはなりえない。

「職人」という言葉が好きだ。
そこには本物であるという匂いやプライドが感じられる。
そんな彼らが届けてくれるものは間違いなく本物だから。

http://youtu.be/6JEdf7XsV5g

Mon 1, Aug 2011
thought < Originality >
category: Shop
Sat 26, Mar 2011
thought < Future ahead >
category: Shop
Sun 20, Mar 2011
Roasted beans record
category: Shop





















2011年の焙煎スタート(確か1/8だったような、、アップが遅くなってしまった。。)
今年の目標はとにかくたくさん焙煎して、たくさんの人に飲んでもらうこと。
熱しにくく冷めにくい自分へ変わること。



Sun 23, Jan 2011
First roasting 2011
category: Shop

ペルー チャンチャマイヨ








コロンビア EX











ウガンダ STD











ホンジュラス HG











タンザニア AA











インドネシア AP-1











グァテマラ SHB




Sun 21, Nov 2010
First record of green beans
category: Shop