single-default.php

 

「ミツワの器」

陶芸家 堅田貴治

高知県いの町出身。京都での修行を終え帰郷し高知県春野で作陶開始。

「直線はよりまっすぐに曲線はより滑らかに」。

一見シンプルながら独自の釉薬使いや細部への徹底的な

熱いこだわりが器を手にした瞬間温もりとなって伝わります。

image

Celadon やわらかく豊かな色彩 ほんのりピンクを感じる 遠い空は、どれだけ行こうとも遠ざかる けして辿りつくことは出来ない でも、そこにある 美しいと感じ 想い焦がれるもの 空を切り取る(MITSUWA/堅田貴治)

image

Olive 強い個性もなければ 華やかさもない でも、理由はわからないけど なんか好き 冬も近付いたある日 古い石油ストーブを出した 同じ表情をしていた 好きなものは引力を持っている 人の生活に寄り添う表情(MITSUWA/堅田貴治)

image

Cedar 風が吹けば 木々がざわめく 土の香りが気持良い 人間には少し寒いけど 必要な温もりがある 生き物たちが呼吸する 深い森の気配(MITSUWA/堅田貴治)

image

cup&saucer ¥4,800 左からceladon / olive / cedar

image

mug ¥3,500 plate 五寸¥2,800 六寸¥3,200 七寸¥4,800 八寸¥5,800 九寸¥7,000

image

独自に配合した釉薬で淡く繊細な3種類の色合いが表現されていて、使い込むことでそれぞれに深みを増していきます。水引で作られていながら手仕事を感じさせない極限まで研ぎ澄まされた凜とした佇まいは食卓を引き締めてくれ、お料理を引き立たせてくれます。

image

普通のマグだと大きいから2杯分ぐらい入れないといけないし、ボテッとしてちょっと重たいしといった積年の想いをぶつけて「軽くてシュッとしててちょっと小ぶりで手で持つとちょうどいいマグカップ」をテーマに作ってもらいました。少し広がったカップの口は優しい口当たりで手のひらにすっぽり収まるお尻のフォルムとあいまってちょうどどころかとってもいいんです。

image

並べるとお互いの色合いがくっきりとしてまた違った表情を見せてくれます。

店頭でぜひお手にとって感じてください。

 

 

 

Pottery by Mitsuwa
Mon 7, Mar 2016
category: Goods Shop Store